火災保険の豆知識

火災保険の豆知識!!火災保険の総合保障型の総合保険って?

火災保険の豆知識!!総合保障型の総合保険って?

今回は前回の最後にチョロット言った総合保障型の総合保険についてどんなものか

総合保障型とは

よく言われる“総合保険”ということですが

保障されるのは前回までやっていた火災保険の豆知識での災害にプラスして

「建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊による損害」

「騒じょう・集団行動・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為」

「水害(水災)」「水漏れ」「盗難による盗取・毀損・汚損」などが加わってきます・・・・・

むずかしめの言葉が並びましたが・・・・

騒じょう・集団行動・労働争議は、ストライキやデモです。

比較的生活に直接関係しやすいかなとも思うのは「水漏れ」や「盗難」なんですが

チョット細かい条件が付記されていることがほとんどで

更に契約書には小さい文字で書かれているので

読み落とさないことが必要です。


総合保障型まで視野に入れるとかなりの災害が保障されるのですが、個人的にはそこまでは必要は無いと思います

住んでいる場所

周りの環境にもよりますが

よっぽど特殊な場所などで無い限りは普通の火災保険で十分でしょう


火災保険の説明

全労災の火災保険

火災保険の豆知識

火災保険!!全労災の火災保険の説明の前にチョット説明

全労災の火災保険の説明の前に火災保険についてチョット説明

まず確認しておくことは現在住んでいる住まいに火災保険がかかっているか?と言うことです・・・(当たり前ですが)

一軒家の新築に住んでいる場合は、大体ローンを組む時に入っているのですが、何年もたっている一軒家に住んでいる場合は確認したほうがいいです

恥ずかしながら我が家は更新を怠っていたころがあったので

現在、分譲マンションにお住まいの方も、住宅ローンを組んだ際、専有部分に対する火災保険には加入していることと思います。

ローンを組んだ金融機関によっては保険加入を融資条件の1つとしていることが多いので、
ローン契約と合わせて火災保険も契約していることがほとんどです(一応確認も)。

金融機関としても、あなたにしても、万が一のことを考えれば、当たり前のことですが。
しかし、ここでもう一つ確認が、建物だけではなく家財に対する補償はされていますか?

よく管理組合でマンション保険に加入していて、それで安心してしまうことが多々ありますが、チョット早とちりです。

管理組合で入っているマンション保険のその対象は殆どのマンションでは共用部分だけの保障の保険です。

当たり前のことですが、あなたが住んでいる専有部分は補償の対象外です。

また、ご自身で火災保険に入っていても、家財は補償範囲ですか?含まれていなければ結局は火災保険に入ってないのと殆ど同じことです。

いわゆる団地保険のように専有部分の物損も対象とした総合保険のように、損害の対象が大きく、もれなくカバーしているような保険であれば問題ないですが、住宅ローンにくっついているようなの火災保険などは家財を保障対象に加えるときには特約扱いとしている火災保険も多くあります。

仮に特約に入っていない火災保険の場合は、火事で衣服が燃えてしまっても、一切、保険金は受け取れないことになってしまいます。そこで、保険内容を見直すきっかけで今一度、火災保険での家財保険の豆知識を整理してみようとも思います


が・・・・・今回はこの辺で

火災保険の説明

次回は火災保険の豆知識!!家財って?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。